ブログトップ

それぞれの田舎へ・・・

e0376175_15570699.jpg


お盆休み、オットは田舎で同窓会
私は実家に・・・と思いましたが、
いま、母は介護施設暮らし。

母が入居時の説明で、
「オーナーの部屋に泊まることが出来ます」
と聞いていました。
母に予約状況を聞いてもらうと
「どうぞ」との返事。

実家に無理して帰り、
母が転ぶのを心配して過ごすより、
安心だね。と予約をしてもらいました。

それを知った兄が「僕も泊まろかな」
と言い出し、兄妹で泊まることに。

そんな予定で、朝焼けが見える頃、
広島を出発し、9時前には到着。

ちょうど、兄もやって来て、
母の部屋からエレベーターで、
オーナーさんのお部屋へ・・・
オットも気になったのか、部屋のチェック

ホテルのような部屋を想像していたら、
別荘のような感じ。
豪華な家具や調度品が並び、
桐の箱に入った備前焼が、
無造作に置かれていたり、
部屋の写真は遠慮しました(笑)

ワンフロア全てが、利用出来ます。
その中には、
大きな温泉と露天風呂まで。

e0376175_15570657.jpg

e0376175_15570628.jpg


残念ながら、露天風呂に、
お湯は入りませんでしたが、
温泉は朝まで、掛け流しで、
いつでも、利用可能。

部屋に荷物を置いて、
母は一旦、部屋に戻り、
オットは鳥取に向かい、
私は兄と、実家に帰りました。

毎年、母が祀っていた盆飾り、
今年は兄がひとりで、
請け負ってくれました(感謝)
仏壇に手を合わせ、
お墓参りを済ませると、

「カフェでモーニングする?
それとも、お蕎麦食べに行く?」

開店時間には、かなり早いけどと
蕎麦屋さんの前で、

e0376175_15570722.jpg


兄が、
カメラを構えていると、

e0376175_15570833.jpg


一組、二組、と人が並び始め、
開店の時間になると、
たくさんのひと

e0376175_15570825.jpg


すぐに、満席になりました。

e0376175_15570954.jpg


古民家を改装した
お蕎麦屋さん
遠方から、お客さんが、
はるばる来られる人気店

私は、いつも、満車の駐車場を
眺めながら、実家に帰っていました。
蕎麦に興味のないオットが行くのは、
うどん屋ですから(笑)

e0376175_15570976.jpg


注文は、兄のおすすめで、
えび天ざると、きすの天ぷらを。

あったかい蕎麦は、
冬だけのようです。

e0376175_15571066.jpg


きれいな蕎麦は、喉ごしが良く、
熱々、サクサクの天ぷらと

e0376175_15571015.jpg


あっという間に完食
おいしいお蕎麦でした。
兄は、孫を連れて(笑)

e0376175_16153018.jpg


『ぬい撮り』と呼ぶんだとか・・・
ディズニー大好きで、
よく、ランドとシーに出かける兄を、
母は変人(笑)扱いしますが、
そんな初老の男女が多いんだと
兄は説明してくれました。

e0376175_16410965.jpg


夜ごはんを一緒に食べ、
母は、自分の部屋に、
戻ることにしていましたが、
職員さんに「折角だから一緒に」
と勧めてもらい、
3人で泊まることにしました。

そして、良い機会だね。と、
食事は、夜と朝、母と同じものを、
食べてみることにしました。

毎日、夕方の17時が夕食です。
オーナーさんの部屋に
3人分の食事が運ばれて来ました。

e0376175_16410926.jpg


(お刺身は買ってきたものです)

白菜の炊いたんに卵、
棒棒鶏と、茄子のお味噌汁
温かいものは、温かく
冷たいものは、冷たく
お味は、やさしい薄味です。

意外だったのが、ごはんがおいしい。
硬さも程よく、炊きたて。
ご馳走ではないけど、
どれも、おいしい。

兄はさっさと食べ、冷酒を楽しみ、
私はゆっくり食べ、焼酎を。

母の、ごはんの量は、
少なくしてありますが、
あとは、同じ。
ゆっくり食べ、完食していました。

e0376175_16411073.jpg


食後、二人で温泉に入り、
夜は、兄と星空を見上げ、
三人、川の字になって就寝。

三人で、川の字なんて、
初めてじゃないかなー

兄が父の話を、
たくさんしてくれました。

父が亡くなったのは、
私が、2歳になったばかりの頃

初めて聞く話、聞いてはいけない?と
遠慮していたこと(笑)を、
母や兄に質問し、納得したり
意外な父の一面を教わり、
思い出になる、楽しい夜でした。




















[PR]
Commented by kuniko36 at 2017-08-18 17:07
あぁ。とってもとってもいい時間を過ごしたんじゃね^^
読んでて心がほっこりしたよ。しかし、いいホームじゃね
そして、私も思った「ご飯美味しそう」写真でも伝わってくる。
景色もいいし、お友達もできたなら、お母さんも過ごしやすいね。
うちの母はまだ81じゃけん、もうしばらくは実家で頑張ってもらうw
その後は、こういうとこに入ってくれたらいいんだけどなぁ。
Commented by arare-gohan at 2017-08-18 17:39
+++ kuniko ちゃん

近くに温泉宿があるから、
そこに泊まろうかと思ってたんだけど、
お盆なのに予約ないって聞いたら、
母の部屋近いし、泊まるよね。

母の部屋も同じような景色なんよ。
空と、川と、ざ、田舎の景色だけど(笑)
きれいなんよ〜〜。

ごはん粒がおいしいって大事よね。
兄と食べて、安心した。

デーサービスで来てた所だから、
職員さんは、知り合い多くて、
お友達は、うーん。。
癖の強いひとが多いんだって(苦笑)

うちは、他のとこ、
何年待っても入れず、
結局、お世話になってた所に入れたけど、
ロバママが気に入った場所が1番
それを、見つけてあげなきゃね。



名前
URL
削除用パスワード
by arare-gohan | 2017-08-13 20:13 | 家族 | Comments(2)